2011年11月11日

公証が続いています。

とっておきのハワイ不動産 目次は →こちらへ

12月17日(土)にハワイ不動産セミナー【in 東京】
を開催します。→ こちら
セミナー案内チラシはこちらです。

12月7日(水)19:00〜 ハワイ移住と投資永住権(EB5)セミナー
を開催します。→ こちら


よくある質問として、

「ハワイに行かなくても、ハワイ不動産を買えますか?」
があります。

答えは、「YES」です。

書類のやり取りは、メールやFAXを使って行う事ができます。
こちらから書類をお送りし、それにサインをしていただき、
返信していただきます。

日本では印鑑ですが、
アメリカではサインです。

通常は、そのやり取りで、手続きのステップを踏んでいただきますが、
最終ステップで、ご本人確認が必要な書類があります。

そのために、公証人の前でサインをしていただき、
公証人がご本人がサインした事を、公証します。
要は、「この人がサインしましたよ。」
と公証人がサインするわけです。

公証の場所は、
日本では、アメリカ大使館(領事館)、日本の公証役場になります。

日本の公証役場でも公証は可能ですが、
但し、都市によっては追加の手続きが必要になるケースが
ありますし、費用も高くなります。

日本とハワイでのダブルサポート、マイランドハワイでは、
アメリカ大使館への公証のご同行等もサポートしておりますので
ご安心ください。

という事で、アメリカ大使館、公証役場、外務省などへの
ご同行や代理申請が続いています。

 地方公証役場での公証の場合には外務省へ書類を提出しますが、
 ご本人の委任状があれば代理申請が可能です。

夏にハワイでご購入された方の名義変更の時期が、
丁度、この時期に続いています。

アメリカ大使館は、警備も厳しいですし、
何度行っても緊張しますね。

中に入ると、何かに何まで、トイレまでも、アメリカ仕様です。


東京オフィス キノシタ
513.JPG

日本でのセミナー開催情報はこちらから。

「コンドミニアム図鑑」目次へ → 戻る


お問い合わせはお気軽に
マイランドハワイ 
ハワイオフィス 808-922-2992
東京オフィス フリーダイヤル 0120-522-821
メール  info@mylandhawaii.com
まで。

ブログランキング参加中

↓↓↓ 海外生活ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします!!
posted by Mylandhawaii at 10:42| ホノルル ☔| Comment(0) | はじめてのハワイ不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

はじめてのハワイ不動産の探し方 (1) 物件の探し方

ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


ハワイ不動産の探し方

まずは簡単な事ですが、ハワイで不動産を探す場合に、
どうすれば探せるか、ご説明します。

日本で、不動産を探す場合には、
☆ インタネットを検索して探す。
☆ その地域に行って、不動産屋さんを探す。
☆ 同じ地域で探すなら、新聞チラシを調べる。
という方法で探す方が多いと思います。

インターネットで探すとしても、
・うまく検索できない。
・いろんな会社のサイトにアクセスしてみるが情報が少ない。
・すべての物件をサイトだけでは検索できない。
という事で、簡単に下調べした後で、現地の不動産会社をノックする事になります。
それも、最初の不動産会社で優良物件が見つかればいいですが、
どうしても何軒かの不動産会社をまわる事になります。


ハワイでの不動産物件探しは、「{MLS」というシステムがあり、
そのシステムに、ほとんどすべての売り物件情報が掲載されていますから、
インターネットで、売り物件情報を検索する事ができます。
MLSは、ハワイ不動産協会が運営している公的なサイトですから、
安心できます。
→ MLSサイト

このサイトは、英語のサイトですが、適当に条件を入れて検索していただくと、
けっこう楽しめます。

ただ、「英語版のサイトという事ではなかなか検索しずらいよ」というご要望が
あったので、当社のサイトでは、日本語で検索ができるようにしました。
→ 当社ハワイ不動産検索サイト
→ 検索の操作ガイドは こちら 

当社の一世代前のサイトでは、スタッフがMLSから物件を探して、
「おすすめ物件」として掲載していましたが、
物件の入れ替わりが速く(売買のスピードが速い)、
また当社の「おすすめ」がお客様のご意向とは必ずしも一致しない事もあり、
ハワイ不動産協会のデーターベースにアクセスする権利を得て、
日本語版変換のソフトを開発しました。

是非、当社サイトで、物件検索してみてください。
コンドミニアム別の検索もありますから、
お好きなコンドミニアムをウォッチしてみてください。


ハワイ不動産の検索していてご不明点等ありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

日本でのセミナー開催情報はこちらから。

お問い合わせはお気軽に
マイランドハワイ 
ハワイオフィス 808-922-2992
東京オフィス フリーダイヤル 0120-522-821
メール  info@mylandhawaii.com
まで。

問い合わせファームはこちらです。

ブログランキング参加中

↓↓↓ ハワイブログランキング


とっておきのハワイ暮らしゆ

↓↓↓ 海外生活ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします!!

posted by Mylandhawaii at 19:22| ホノルル ☀| Comment(0) | はじめてのハワイ不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

はじめてのハワイ不動産の探し方 (2) 探すための簡単な条件選択


まず知っていただきたいのは、ハワイ不動産は、中古物件が中心のマーケットという事です。
新築物件は、あるにはありますが、常に分譲販売しているという事はありません。

ハワイは、島という事で立地が限られていますし、環境保護が厳しい島ですので、建築許可を取るのも難しいという事もあります。

「中古」という言い方だと御幣があるかもしれませんが、欧米の多くの国では、どこも中古住宅の販売比率が高いという特徴があります。
「やどかり」のように、生活スタイルに合わせて、引越しを繰り返すのが、一般的です。

日本では、新築マンションが人気ですが、そのあたりの考え方は、欧米とは異なるようですが、40年前のコンドミニアムが普通に売買されていますし、販売価格が上がる事もあります。
(フランスのパリでは、100年前のアパルトマンの価格が上がる事があります。)


ハワイ不動産を検索するのは、基本的には中古マーケットレットの検索という事になります。
検索する前に、まずはご自身でご確認いただきたい事が何点かあります。

1. どの島か
ハワイ不動産という言い方をする時には、オアフ島のホノルル、その中でもワイキキをイメージする事が多いと思います。
オアフ島には、ワイキキ以外にも地区はありますし、ハワイ島などオアフ島以外の島もあります。

ただ、日本人の方がお買い求めになるのは、圧倒的にワイキキもしくは、カカアコ地区が多いです。

カカアコ地区は、アラモアナショッピングセンターより西側(空港寄り)の高層の比較的新しいコンドミニアムが建っている人気の地区です。

なぜ、ワイキキが人気があるのでしょう。

いろいろと理由はあります。
● ワイキキは日本人人気が高い。
● コンドミニアムそのものが多い。
● レンタルに出すとしても、ワイキキは観光客が多いので貸しやすい。

2. ご予算と部屋の条件
やはり重要なポイントは、ご予算になります。
それとお部屋の条件です。

部屋の条件とは、家のタイプ、部屋の間取り、立地、ビューなどがポイントです。

家のタイプとしては、戸建てかコンドミニアムになります。
戸建ての場合には、やはりカハラ地区やハワイカイ地区などの邸宅が中心になります。

部屋の間取りとしては、ステューディオ、1ベッドルーム、2ベッドルーム...というように、寝室の数で、部屋のタイプが決まります。
日本風に表現すると、ステューディオ=ワンルーム、1ベッドルーム=1LDK、2ベッドルーム=2LDK...です。

立地としては、日本のように駅から何分という事ではないですから、例えばワイキキだと、海に近いかどうか、という事もありますし、東側(ダイヤモンドヘッド側)、中心部、西側(ヨットハーバー側)とおおよその立地をご検討してください。
買い物に便利ならアラモアナショッピングセンターも近い西側がお奨めです。


まずは簡単に、上記の条件をご検討されてから、物件検索をしていただくと、おおよその相場感がご理解いただけるようになります。

検索条件として、
家のタイプを選択し、
次に、地区を選択していただき、価格の上限値を入力して検索していただくと、その条件に合った物件が出てきます。

ハワイ不動産の場合には、販売価格はオープンですので、その時期でのおおよその相場は決まります。
例えば、「Aというコンドの海側の●●階の1LDKのお部屋なら、価格はいくら」という事で、その時の「おおよその」相場がわかります。

例えば、同じコンドで、ビューが同じ、部屋のタイプと部屋の綺麗さが同程度であれば、上層階の方が価格が(例外もありますが、同時期では)高くなります。


「その時」と表現しているのは、
ハワイ不動産は、相場が常に変動していますので、一年前より相場が上がっている事もありますから、ご検討している時期の相場が大事になります。

いまは、相場が上昇基調ですので、半年後では価格が上がっている可能性があります。

おおよその相場があると言っても、部屋のリフォームがいつどのように施工されたかも、価格に影響します。当然、直近にリフォームしているお部屋は高くなります。

ご購入後に、ご自身でリフォームするつもりの方には、 
部屋の綺麗さよりも、リフォーム費用も考慮しなければならないですから、価格が重要になってきます。

売る方から見れば、部屋を綺麗にしていなければ、それだけ高く売れないという事にもなりますから、注意しなければならない点です。

日本語での物件検索は、当社ホームページで!!
検索方法は → こちら 


お忙しい方や、インターネットをあまり使わない方など、当社におおよそのご条件をお知らせいただけると、ご条件に合った物件をお調べいたします。

お知らせいただいた条件をもとに、
ハワイオフィスのスタッフが条件に合った物件をお調べいたします。

日本でのセミナー開催情報はこちらから。

お問い合わせはお気軽に
マイランドハワイ 
ハワイオフィス 808-922-2992
東京オフィス フリーダイヤル 0120-522-821
メール  info@mylandhawaii.com
まで。

問い合わせファームはこちらです。

ブログランキング参加中

↓↓↓ ハワイブログランキング


とっておきのハワイ暮らしゆ

↓↓↓ 海外生活ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします!!



posted by Mylandhawaii at 18:45| ホノルル ☁| Comment(0) | はじめてのハワイ不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。