2011年10月02日

10月2日のとっておき物件 トランプタワーステューディオです。

とっておきのハワイ不動産 目次は 
→こちらへ



10月15日は、三田英郎のハワイ不動産の深い話【in東京】セミナーです。
詳細は → こちら

10月22日は、ハワイ移住セミナーです。
詳細は → こちら




今日の とっておきの物件は、
トランプタワーのステューディオタイプのお部屋です。


トランプのHPは、→ こちら

TrumpTowerWaikiki_LandscapeFloorplan.jpg

トランプタワーの立地とフロアプランについては、
この記事の下の方(青字)をご覧ください。

今日ご紹介するトランプのステューディオは、
ホテルスイートの奇数側♯1817、♯2121、♯1821と、
偶数側の♯2320です。

トランプタワーをご購入される方は、
ご自身の居住目的、別荘目的、投資目的など様々ですが、
投資目的としてご検討されるなら、
ステューディオタイプが適していると言えます。

ご自身も別荘として使い、
使わない期間はレンタルに出される場合には、
「ステューディオは狭くてどうも.......」という方には、
お奨めできませんが、
利回りで考えた場合には、
ステューディオの方が高い利回りで運用できます。

これはトランプに限った事ではなく、
ハワイのコンドミニアム全般に言える事です。

理由としては、
広い部屋に比べて宿泊費を安く設定できるので、
レンタルする顧客層が広い。
つまり借りてくれる人が多くなるので稼働率が高くなりますから、
その分、収入も増えます。

レンタルに出す方法としては、
●「ホテルプログラムとして、
  ホテルに預けてトランプホテルとして売り出す。」
●「当社のような不動産管理会社に委託して
  バケーションレンタルとして売り出す。」
という方法が一般的です。

詳細につきましては、お気軽に
マイランドハワイまでお問い合わせください。

ホクアなどレジデンス系の高級コンドミニアムは、
ステューディオの部屋は用意されていませんが、
トランプタワーは、ホテルとして運用されるために、
ホテルスイートのフロアは、
ステューディオが中心になっています。

♯2015は、かなり広めの1ベッドルームです。

部屋番号    :  #1817
販売価格 : US$ 1,390,000
権利形態 : 土地所有権付
築年月日 : 2009年
室内面積 : 51.56u STUDIO
→ 詳細物件シートはこちら



部屋番号    :  #2121
販売価格 : US$ 865,000
権利形態 : 土地所有権付
築年月日 : 2009年
室内面積 : 40.97u STUDIO
→ 詳細物件シートはこちら



部屋番号    :  #1821
販売価格 : US$ 890,000
権利形態 : 土地所有権付
築年月日 : 2009年
室内面積 : 40.97u STUDIO
→ 詳細物件シートはこちら



部屋番号    :  #2320
販売価格 : US$ 895,000
権利形態 : 土地所有権付
築年月日 : 2009年
室内面積 : 45.71u STUDIO
→ 詳細物件シートはこちら





TrumpTowerWaikiki_LandscapeFloorplan.jpg


トランプタワーは、高層階と一般階で、フロアプランが違います。
8階から23階 = ホテルスイート(上の写真 上部)
24階から37階 = ホテルレジデンス(上の写真 下部)

トランプタワーは、ビーチに対してほぼ垂直に立っています。

上のフロアプランの左がビーチ(海)、右が山、
下がダイアモンドヘッド側、上が公園側になります。

ダイアモンドヘッド側は、ホテルなどのビルが建ち、
公園側は、前に建物がなく海がよく見えますが、

公園側に奇数番号の部屋、
ダイアモンドヘッド側に偶数番号の部屋が割り付けられています。

部屋番号は4桁の数字で示されていますが、
上2桁が階数、下2桁がユニット番号です。
例えば、♯3402であれば、34階のユニット2という事になります。

ユニット番号が奇数であれば公園側、
偶数であればダイヤモンドベッド側という事になります。

つまり奇数側の方が前に遮る建物がないため、
海が一望できるという事になり、
偶数側の場合には、低層階では、
前の建物に遮られて、海が見えにくいという事になり、

奇数側の方が人気が高く、
価格も比較すると偶数側より高くなっています。

TrumpTowerWaikiki_LandscapeFloorplan.jpg

1ベッドルームは、
24階から37階 のホテルレジデンスには、
各フロアに1ユニット(ユニット番号08)あるだけです。
後は、2ベッド、3ベッドルームです。

逆に、8階から23階のホテルスイートには、
各フロアに2ベッドが2ユニット(ユニット番号03と19)あるだけで、
あとは、1ベッドルームとステューディオになります。


日本でのセミナー開催情報はこちらから。

「コンドミニアム図鑑」目次へ → 戻る


お問い合わせはお気軽に
マイランドハワイ 
ハワイオフィス 808-922-2992
東京オフィス フリーダイヤル 0120-522-821
メール  info@mylandhawaii.com
まで。

ブログランキング参加中

↓↓↓ 海外生活ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

↓↓↓ 人気ブログランキング


人気ブログランキングへ


2つクリックお願いします!!



posted by Mylandhawaii at 10:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 今日のとっておき物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。